医療用帽子でコンプレックスを消す~ハットとニット帽~

医者

闘病生活に必要な帽子

帽子

癌にかかれば、放射線と抗癌剤治療を受ける必要が出てきます。しかし、その治療には、リスクがあります。それは、髪が一気に抜け落ちるというリスクです。そんな時に必要なのが医療用帽子になります。

詳しくはこちら

役に立つ医療用帽子

医者

病気の治療の最中に脱毛症状が出てきた時は、落ち込んではいけません。なぜなら、髪がなくても医療用帽子とウィッグでオシャレをすることができるからです。そのため、色々なデザインの医療用帽子を集めることが大切です。

詳しくはこちら

さまざまな病気

帽子

医療用帽子はさまざまな病気にも便利です。また、形もさまざまあるので、自分が気に入った形の帽子を選ぶことも出来ます。洗濯をすれば、常に清潔を保てるので、敏感な頭皮でも安心して使用できます。

詳しくはこちら

ウィッグと帽子

髪付き医療用帽子

帽子

数多く製造されている医療用帽子の中には、髪付き帽子というものがあります。医療用帽子に髪の毛が直接ついているものです。そのため、このような帽子をつけても、違和感なく被ることができます。また、医療用帽子を購入することで、ウィッグも付いてくる場合があります。どちらもあると便利なものですが、特にウィッグは定期的にメンテナンスが必要です。特に人毛が使われているウィッグは、熱に弱いため傷みやすいです。また、一度カールしてしまうと、戻りにくくなります。そのため、ウィッグを使用するときはポリエステル素材でつくられたものを選びましょう。また、ウィッグのメンテナンスが面倒くさい場合は、医療用帽子だけを被るようにすることが大切です。

頭皮も温度調節ができるようになろう

髪が完全になくなった時、寒いところにいると頭皮から冷やしてしまいます。そのため、医療用帽子は欠かせません。特に冷房がききすぎている病室では、なおさら医療用帽子が必要になります。そんな時に医療用のニット帽を被ることで、頭皮を温めることが出来ます。しかし、夏を迎えると医療用帽子を被るだけでも頭皮が暑くなります。そのため、通気性のある医療用帽子を被るようにしましょう。そうすることで、夏場でも涼しく快適に過ごすことが出来ますし、睡眠時も快適になります。また、医療用帽子の中には、頭皮にくっつかないようになっている帽子も存在しますが、簡単に脱げることありません。